2007年01月05日

司法試験


 
日本3大難関国家試験のひとつといったら司法試験です。

その合格率は、たったの2〜3パーセント確かに合格したら価値がありますよね。

その司法試験ですが現在大きく変わりつつあるようです。


司法試験は、法科大学院の卒業者を対象とした新司法試験がスタートし、2011年までは、現行の司法試験と、新司法試験が並行して行われることになっています。

法曹人口の拡大を目的とした新司法試験が開始されたとしても、実際のところは、高い競争率が続くと見る傾向もあるようです。
 
現在は、移行期ですが、司法試験改革については、まだまだ多くの問題点が残されているのも事実です。
posted by blossommelon at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

公務員試験

安定と保障がある職といえば公務員を思い描く方も多いはずです。

その公務員の試験は、2つに分けられて、国家公務員試験と、地方公務員試験です。

国家公務員と地方公務員は、学歴等に応じてさらに種別が分類され、
 
国家公務員は、エリート・キャリア組などと評されるT種(倍率は130倍前後)から、高卒程度の学歴で合格できるV種まであります。
 
地方公務員は、幹部候補の上級から、高卒程度の初級までがあり、
 
試験の合格率や難易度も、種別によって大きく異なります。
 
公務員試験を受ける場合、年齢・学歴・居住地等による制限がある場合もあるので、注意が必要です。

長く続いた不況の影響でしょうか?

公務員といえば、景気に左右されない安定した職業として一途けられています。
 
また、給与や昇格、仕事内容にいたっても男女平等なので、女性にとっては魅力的な職業と言えるようです。
 
ただ一ついえることは、公務員の仕事は、民間企業と違って、国や市民など全体の奉仕者として、公共の利益のために働いているということです。

その自覚をしっかりともち、公務員試験に臨まなければいけないのですね
posted by blossommelon at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

健康管理士一般指導員

このストレス社会に、どう生きるかを皆さん考えてますよね。

その傾向に影響されてか、健康、美容、ヒーリングワークなどに興味を持ち人間の心身を管理することを職業にする方がたくさん出てきました。

そして、私が今日目に付けたのが個人的にもだいぶ興味のある
健康管理士一般指導員です。

健康管理士一般指導員とは、昨今問題になっている成人病予防を目的とした、健康管理や生活習慣に関するアドバイスを行う専門家のことを言います。特定非営利活動法人 日本成人病予防協会と生涯学習開発財団が認定しています。

試験は例年4回実施され、受験資格に制限はなく、生活疾患病の増大が深刻化する現在、専門知識をもつ健康管理士一般指導員の必要性が高くなること間違いなしです。

日本人の健康が犯されつつある現在、活躍の場は、増えると予想されます。
posted by blossommelon at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

芸術性とネイリスト〜夢と現実〜

美の追求を求める人たちがとても多いなか、その道のプロで成功するには、多大な努力が必要です。

なぜなら顧客自体のニーズや芸術性のレベルが上がってきているためです。

ネイリストとは、お客様の爪や指先に「美」「アート」を施すプロ。

ネイリストになるには、ネイリスト講座で、必要な専門的知識・技能を学ぶだけでは、生き残ってはいけません。

独自の個性をもちながらもお客様のニーズを素早くキャッチできる敏感さ、そしてお客様の満足度をどこまで上げられるかを理解している人こそ生き残っていけるようです。

それには、日々勉強を怠らないこと、基本をもちつつ更なるスキルアップを目指さなくてはなりません。


講座での基礎課程が修了したら、日本ネイリスト協会が行う「ネイリスト技能検定試験」という試験にチャレンジすることをお勧めします。

ネイリスト技能検定試験には筆記試験と実技試験があります。

簡単に説明すると、1級はトップレベルのネイリスト、2級はサロンワークで通用するネイリスト、3級はネイリストとしてのベーシックな技術や知識を身に付けているという認定がなされます。

なお、1級は2級合格者でなければ当然受験資格ももらえません。

実力が物を言う世界です。
そうでないと顧客も付かず、お客様にも喜んではもらえません。

ネイリストになるための講座もたくさんありますが、講座で知識や技能は教えてくれますが、それを本当に身に付けていくには、本人のやる気と根気が必要。

夢を現実にするには、好きなだけではやっていけないのですね。
posted by blossommelon at 10:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

ネイリスト講座

ネイリストという、お客様の爪や指先を美しくするプロの人たちがいます。ネイルアーティストともいいます。爪は小さいスペースですが、意外に目立つところ。そこでセンスのいい

ネイリストは、ネイルサロンの他、ヘアサロンやエステサロン、ブライダルサロンなど需要が多々あります。ネイリストを夢みている方は、まずは講座で学んで実力を身につけて。夢への一歩を踏み出す機会はいつでもあります^^

講座の人気リストなどをみると最近圧倒的に多いのかなと思われるのが、美容、ヒーリング系、語学系のように思われます。

そのなかでもやはり美容系の講座は若い女性から人気がとてもあり、ネイリストを目指すの講座もその一つです。

爪の占める部分は身体のなかで小さなものですが、意外に目立つものです。

そこで、センスと確かな知識をもったネイルケア・アーティストたちが注目されます。


ネイリスト講座では、基本的なネイルケアの知識や技術を学びますが、それに加えて大切なのがその芸術的センス、独創性を育てるといった面。

お客様の多様化したニーズに答えられるように技術を磨かなければいけないのです。

そういった部分も、もちろん講座において少しずつ育てて生きたい部分です。
posted by blossommelon at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ビューティーアドバイザーへの道

ビューティーアドバイザーとは、化粧品に関するプロの美容部員のことですが、アドバイザーを目指すには、やはりその講座、もしくはスクールに通うのが望ましいでしょう。

基礎知識、その業界でのプロに実際あって話を聞いて、これが私のなりたい自分、職業になりえるだろうかと吟味することは大変重要です。

講座の期間は実は、そんなに長くなく期間は3ヶ月程度方あります。

入学金、受講料は高額なものからこんな安くていいのかと疑いたくなるほど定額のものまであります。

今職に付いていながら、スキルアップもしく転職などを夢見ている方は、学校に通えない分通信講座を受講すると言うのもひとつの手段です。

そこで、やはりひとつ何かを志すのなら確かな認めなれた技術をつけたいですね。

それなら、ビューティ国際美容連盟(IBF)が行うメイクアップアーティストの認定資格試験というのがあります。年4回行われるこの試験は、メイクアップアーティストとしての基本となる技量・実力を証明するものといわれています。

せっかくの時間と労力を尽くすのであれば、講座を選ぶ際にもこの試験の合格を目標としてカリキュラムを組んでいる講座を受講してみてはいかがでしょうか?
posted by blossommelon at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

ビューティーアドバイザー講座

ビューティーアドバイザー講座、、、美しくなることをアドバイスする人のための講座?ですかね

そんなしっかりとした講座が成り立つのです。まさに美のための知識、技術を身につけます。

いわゆる化粧品会社の美容部員でしょうか> この職に付く方はは、お客様が来店した際にここの美容に関する悩みを聞きその相談役になってその人に一番合った化粧方法なり美容法を提供するお仕事です。

メイク・アップに関する知識とテクニックはもちろんのこと、スキンケアの点でもアドバイスを促すわけですから、医薬分野についての基礎知識も持っています。

そういった手に職を持たせてくれるのがビューティーアドバイザー講座。

女性をさらに輝かせてくれるようお手伝いします
posted by blossommelon at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

ドジナジスト講座

現代人の熱〜い見方ドジナジストですが、その技法を学ぶには講座を受けて、知識と技術を得る必要があります。

テンポの速い現代人は、ストレスを溜めがちで、リンパの流れも悪くなりがちです。ドレナジストは、リンパをマッサージしてリンパ液の循環を促進し、身体にたまった老廃物を排出しやすくしてくれます。

そんな素敵な職業があったのかとお考えのあなたも、すでにリンパマッサージを体験して自身もドレナジストになりたいと考えているのなら、ホリスティック医学アカデミーにおけるリンパドレナジスト養成講座をとるという選択肢もあります。

そこで一定の課程を修了すれば、あなたも「日本代替医療協会」からプロとして認定証を受け取ることだでき、その後もより一層のスキルアップのために支援プログラムを受ける資格ももらえます。

講座を通して、プロとなり人の健康促進に貢献できるようになれたら素敵ですよね
posted by blossommelon at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

ドレナジスト講座

今日は、こんな講座を見つけました。

何よりも、心身の健全さが追求される昨今ですがこれもその1つです。義務教育では、学べないような講座で、社会貢献できるといったところにとても人気があるりゆうでしょうか?

ドレナジスト講座です。

リンパドレナジストといわれ、リンパの治療を行う療法士を育成する講座です。

ドレナジストのドレナージュという言葉は「排液」または「排出」という意味をもつフランス語で、リンパにマッサージで刺激を与え、リンパの流れをよくして老廃物の排除を促すものです。

体内に蓄積された老廃物で血液の流れのみで排除できなくなったものがリンパ腺の力を借りて排除しようとするのですが、運動不足になりがちな現代人は、リンパの流れが悪くなっていると言われています。

そこで、リンパドレナジューによってリンパの機能を高め、再度活性化させて体質改善や美容効果を高めることがねらいです。

こういった職業が認知されるようになったのもこの健康志向の世の中であるからでしょうか?

ドレナジスト講座をとってその学んだ技術で健康を促進させてあげられたら素敵ですね。
posted by blossommelon at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

セラピスト講座

ストレス社会と歌われる現代ですが、講座の種類にもその影響は現れています。

セラピストになるための講座が人気を集めています。

セラピストとは、療法士、治療士のことで心身を癒す人のことを意味します。

セラピストは、決して医学的な治療を施すわけではありませんが、物理的には解明できない、それだけでは治療が十分ではない精神の部分に時には重点をおいて癒していくのが仕事です。

それには、専門的な知識、経験、技術が必要不可欠で、それを学ぶためには講座、学校に通う必要があります。

セラピストといっても、セラピー自体たくさんの種類が存在するので、それに比例するだけの数の講座があるといっても良いでしょう。

代表的で最近よく聞くようになったアロマセラピストでは、社団法人日本アロマ環境協会とか、日本アロマコーディネーター協会といった団体ごとに認定校(講座)があり、取得資格もそれぞれ異なっています。

そのうえ、民間資格であるので、どの講座でどこの協会に認定されとったからその資格がより優れているといったものでもなく、資格があればセラピストとしての仕事が確実に補償されているというわけではないようです。

まずは、自身でもその療法に惚れ込んで、実際の効果や安全性を体験した上で資格を取得するための通学講座か通信講座に通うことをお勧めします。

資格を取得した後も、まずはサイドビジネス的に自分のライフスタイルに合わせて実践してみて、その目的にあわせて講座を始めたいですね。

癒しを与える人になるわけですから、その講座を始める上で自身に焦りがでたり、余裕がなくなったりしてしまっては自分がストレスに追われてしまいますからね。^^;
posted by blossommelon at 14:17| Comment(0) | TrackBack(5) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。