2006年10月04日

初級システムアドミニストレータ

初級システムアドミニストレータとは、情報システム部門以外の部署(営業部,総務部等)でのコンピュータの専門家です。

例えば、同僚達にコンピュータの操作や利用方法を教えて、情報システム部にコンピュータシステムの開発を依頼する際の手渡し的人材であります。

応募数は、年間20万人と国家試験の中では、受験者応募数最大限です。

乗り遅れないためにも、早めの取得を目指したいものです。

シスアド試験内容自体PCを使いこなす能力をみるものですので、IT関連にお勤めを目指す学生さんのみが受験しようといった傾向ではないようです。

それに試験に出題される問題の中には一般常識を問うものも入っているということで就職をこれから目指す方の第一歩にもお勧めできるのではないでしょうか?

試験内容は、
1 仕事とコンピュータに関すること
2 基幹業務システムとのかかわりに関すること
3 エンドユーザコンピューティング(EUC)に関すること
4 システム環境整備と運用管理に関すること
5 情報化推進のための表現能力に関すること

などです。

初級システムアドミニストレーター 試験・問題集

posted by blossommelon at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

マルチメディア検定で自信をつける

マルチメディア検定取得においてのメリットとは何か?

広範囲でサイトの構築などを行う際にリーダー的な立場で活動してゆく人にとても有効です。

資格の勉強を進めることによって、コンピュータのネットワークシステムを活用して、デジタル情報を使用してのコミュニケーション力が付きます。

コンピュータやネットワークシステム、画像やコンテンツデザインの一般基礎の習得もできます。

試験は3級に分かれていて、

例えば今までに実務経験がない方でも、3級を合格時点で、

「企業内においてITを効果的に利用した仕事ができる」

「ディジタルコンテンツ制作のアシスタントやオペレータ」が可能になる

コンピュータシステムに基礎からしっかり自信をつけたかったら、マルチメディア検定です。

マルチメディア検定 試験・問題集

posted by blossommelon at 10:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

基本情報技術士試験

以前は、第二種情報処理技術者と呼ばれており、情報産業界では重要視されてきた資格である。

主として、プログラミングやコンピューター言語などについて出題されることからプログラマ向けの能力認定試験とされている。

試験内容は、試験範囲がコンピュータ科学基礎・コンピュータシステム・システムの開発と運用・ネットワーク技術・データベース技術・セキュリティと標準化・情報化と経営などである。

実は、プログラマ、エンジニアに実務を取り扱う企業では、このレベルが最低限といわれており、あまり重要視されていないという見解もある。

ただ、情報系の企業では人材不足に頭をかかえている所も多いので、情報系の仕事未経験者を採用し、この試験の取得を義務付け、基本教育に役立てている企業もあるようだ。

どちらにしても、情報系の企業で働きたいと希望を持つ人は、自分のレベルを簡単に示すための試験として使用しても良いだろう。

基本情報技術士 試験・問題集



posted by blossommelon at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

インターネット検定

インターネットスキルを総合的に認定するインターネット検定。

2001年度に創設され、NTTコミュニケーションズが実施・運営を行っています。

インターネット検定とは、今日のIT社会における、利用者のITスキルの向上及び利用者の裾野拡大に注目し、インターネットに関する知識・スキルを問う検定です。

インターネット検定の資格は、レベルに応じて,.com Master ★★★(ドットコムマスター トリプルスター)、.com Master ★★(ドットコムマスター ダブルスター)、.com Master ★(ドットコムマスター シングルスター)の3種類となっている。

検定の内容は、最新のインターネット知識やパソコン技術を実践に即したもの。

小学生から60歳まで幅広い年齢層の受験者がみられるようです。

インターネットの活用に際して必要な知識や技術を評価する基準を設け、個人のスキルとビジネス界で求められる水準を向上しようということが検定実施の目的ですが、インターネットを家庭で更に楽しむための励みにしてもよし、ビジネスの場で活用できるようにトリプルマスターを目指すもよし。

インターネット上の情報をより効果的に処理、使用するためにTRYしてみてはいかがでしょうか?

インターネット検定 試験・問題集


posted by blossommelon at 10:17| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

今からでも遅くない。P検取得

企業でのICT利活用能力は、急激に必須となっています。

業種業態に関わらずです。

企業では、入社時にP検3級以上を取得していることを求めたり、P検2級以上を取得したものに特別給与を支払う、課長昇進には2級取得必須といった動きがみられる。

社内では、社員間の能力の差が激しいため社員のICT活用能力をそろえると共に、向上させたい意向が見られる。

こういった企業の傾向を見てもこの検定は、まさに現役短大・大学生に大学卒業までに取得しておきたい資格の一つともいえる。

早めのP検取得をお勧めします。

P検/パソコン検定・P検インストラクター 試験・問題集


posted by blossommelon at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

野菜ソムリエになって社会貢献!

食生活の乱れは、現代人の悩みです。

美食の日本といわれていたその食の文化は、私達の私生活から姿を消そうとされています。

簡単で直ぐに手に入る加工食品の摂取が増えているなか、食のプロフェッショナルの活躍が見られるようになりました。

単に美味しいものを提供するのではなく、その素材の魅力、成分をわかりやすく説明し、その調理法を与えてくれます。

その食育を私達のもとへ届けようと、立ち上がった野菜ソムリエ達。

食に関する職業に関わる方がよりその知識を深めるだけではなく、我が子にもっと新鮮で美味しい食事を頑張る子育て中ののママ、野菜・果物に興味がある方々などが受験されています。

野菜ソムリエになることで、キャリアアップを目指すだけではなく、自身の食生活の改善、そして何よりもどう健康に生きるか?

食ともっと楽しく付き合うかということそのものも考えさせられるこれから期待される資格ではないでしょうか。

野菜ソムリエの資格取得@野菜ソムリエガイド
posted by blossommelon at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

まずは、P検定から始めよう。

パソコン無しには仕事が不可能となるほどパソコンに関しての技術は、必須となりました。

このパソコン検定試験ですが、一般的な知識やOS、ネットワーク、アプリケーションソフトなどについての総合的な活用能力をつけるのにもってこいの検定です。

検定のレベルは、5級から1級まであり、アプリケーションソフトやOSの知識、インターネットを含むネットワークの知識が問われます。

スペシャリストになるための試験といったよりも、パソコン操作の全般の知識を問うように構成された試験なので、まずはこの試験に向けて勉強することでパソコンの扱いに慣れていくといったスタンスをとってみてはいかがでしょうか?

上級取得によれば、企業に就職の際評価も上がること間違いなし。

使えて当たり前といわれているパソコン操作です。

習うより慣れろのパソコン操作、楽しく試験勉強しちゃいましょう。

パソコン検定試験ナビ:パソコン検定試験合格の為の試験&問題対策



posted by blossommelon at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

色彩検定ガイド

「色彩検定」は1990年より実施され、1994年には文部科学省認定の「技能検定」となりました。

その難易度は3段階にわかれています。

ウェブデザイン、ファッションデザインなどの仕事の需要も増えてきたせいか年々受験者は増加しています。

試験の内容は、色の三属性・色の表示・色名・光と色・混色・のような色彩に関する基本的な事柄を問うものから、色心理的効果・ファッション・インテリア・環境色彩・色彩文化の知識を問うものものまであります。

環境の都市化が進む中、私達が生活の中で好む色、得意としない色、必要としている色は変わってきているように思えます。

そんななか、より自然で快適な空間を求め、それに気を払う人が増えていることは間違いありません。

どのようにそれを限られた空間で実際に作り出すかという面からみても、色とデザインの関係を熟視するエキスパートは私達の生活に必要な存在になることでしょう。

色彩検定ガイド:色彩検定合格の為の試験&問題対策!
posted by blossommelon at 11:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

社会保険労務士になる。

社会保険労務士とは、社会保険労務法よって制度化された国家資格で、その幅広い専門知識を生かし、人事・労務管理全般 から労働社会保険全般に関するアドバイス、書類の作成手続きを行います。

そんな社会保険労務士ですが、現在人材が不足しているそうです。

その結果、多くの企業で必要な人材の1つでもある一方、独立を目指す方にも大変有益な資格です。

資格取得後、全国社会保険労務士連合会に登録すれば、独立開業も可能になります。

社会保険労務士 資格 試験 通信

posted by blossommelon at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

京都検定!?

国際文化観光都市に指定され、古都保存法の適用を受けている京都。

延暦13年(794)に桓武天皇が遷都して平安京と称して以来、明治維新まで千年以上にわたって日本の首都とされた。

日本人なら誰でも一度は訪れたことのある、そして国外から多数観光者が訪れる場所である。
京都商工会議所が主催する、この京都検定は、
「もっと京都を知りたい」「生涯学習のテーマにしたい」
「もてなしの質を高めたい」「知識を仕事に生かしたい」
といった声を実現するべく作られました。

日本人であれば知っておきたい、日本の古都京都に関する資格です。

この資格取得者は、京都で観光ボランティアをしたり、資格を取ることによって得た知識を活かして京都でガイドの仕事をしているかたなどいらっしゃいます。

京都検定ガイド:京都検定合格の為の試験&問題対策!
posted by blossommelon at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

漢字検定のススメ

漢字検定は、文部科学省認定の漢字技能試験です。

大学・短大で漢字検定の上級合格者を入試で優遇する、企業の就職へも影響を及ぼすなど漢字の読み書き能力が重要視され始めています。

最近は、パソコンの普及が高くなり、「書類・手紙を手書きで」という機会が大変減ってきています。

あなたの漢字能力は、確かでしょうか?

もう一度、学生に戻った気分で新たに漢字(熟語を含む)の読み書き、筆順画数、部首、部首名、熟語の構成、送り仮名、同音・同訓異字、誤字訂正、対義語、類義語、漢字の書き取りなどを勉強してみてはどうでしょうか?

あなたの漢字能力を試す1つの方法として、人前で字を書くときに恥じを書かぬよう日頃から漢字に触れる機会を作るためにも漢検を受験してみても良いかもしれません。

漢字検定ガイド:漢字検定合格の為の試験&問題対策!
posted by blossommelon at 13:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

英検のための参考書を探す

英語の試験といわれてまず思い出すのはこれといってよいほど日本ではとても知名度の高い文部省認定の英語検定。

2級以上持っていれば就職などの際には、優遇されることもあるようだ。

この英語検定のための参考書やオーディオなどは多々出版されているが、果たしてどれが使えるのか。

買ってみたものの、いまいちだったということも無きにしも非ず。

購入する前に、実際使った人のコメントが聞ければどれほどいいか、、、

効率よく勉強するためにも、参考までに、本屋に出かける前に一読してみることをお勧めする。

各参考書を実際に試験のために使った受験者が、各級に分かれてコメントを残している。

英語検定ガイド:英語検定合格の為の試験&問題対策!

posted by blossommelon at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

医療事務の資格専門

ストレス社会と騒がれる現代、精神的な障害を持った方が増加。
それに伴い免疫力が低下し病気になって病院へかかる方がたくさんいらっしゃいます。

それに追い討ちをかけるかのように、高齢化社会も進み患者の数は増える一方です。

そこで、医療の現場でしっかりとした知識と経験を持った働き手が非常に求められています。

患者が増える一方、待ち時間も比例して長時間化していきます。

そんな中、よりスムーズで、親切な対応は必要不可欠です。


頼れる医療事務、わかりやすい説明、患者が安心して病院にかかれるよう一人でも多くの実力のある、親切な対応のできる人材が医療現場に増えれば私達ももっと医療と身近に関わることができ、医療に対する信用度があがるのではないでしょうか?


医療事務・試験・資格 専門








posted by blossommelon at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。