2007年01月08日

福祉コンビニエンス登場?

資格ブームとも言われるほど多種多様な資格が出てきましたが、やはり高齢化の問題は大きいため福祉の資格取得者は年々増えるばかりです。

そこでこんなニュースを発見しました。

コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートは7日、社員や店長に介護関連の資格を取得させ、店舗を福祉サービス拠点として活用する構想を明らかにした。手始めに商品の宅配制度を導入。将来的には、配達先のお年寄りらの安否確認や世話をする“福祉コンビニ”の実現を目指す。
ヤフーニュース産経新聞


これからは、ただ単にコンビニエンスで物が手に入るといったことだけでは、どこのコンビニエンスストアも同様で、このアイディアはコンビに市場で先手を打ったといった感じでしょうか?

更に、進化するコンビニこの企画どのように発展していくか見ものですねー。

そして、福祉系の資格は、福祉施設に就職する以外の企業でも必要になってくるかもしれません。

やはりとっておいて損はないのでしょうね。

続きを読みたい方は、こちら⇒
posted by blossommelon at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31045040

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。