2007年01月05日

司法試験


 
日本3大難関国家試験のひとつといったら司法試験です。

その合格率は、たったの2〜3パーセント確かに合格したら価値がありますよね。

その司法試験ですが現在大きく変わりつつあるようです。


司法試験は、法科大学院の卒業者を対象とした新司法試験がスタートし、2011年までは、現行の司法試験と、新司法試験が並行して行われることになっています。

法曹人口の拡大を目的とした新司法試験が開始されたとしても、実際のところは、高い競争率が続くと見る傾向もあるようです。
 
現在は、移行期ですが、司法試験改革については、まだまだ多くの問題点が残されているのも事実です。
posted by blossommelon at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。