2007年01月16日

教員採用試験

少子化の影響で、新規採用が減少し、高競争率が続いている中、必死に採用試験を通過しようと努力する学生たちの気持ちを裏切るこんな事態がおこりました。

福岡市教委の教員採用試験を巡る不正は、よそごとではない。長崎県で学ぶ大学生も同市教委の採用試験を受験している。福岡県の特定大学の出身者だけが“恩恵”を受けたのならば、納得できない受験生もいるだろう。
 試験問題検討委員会トップの福岡市教委理事が、出身大学の先輩の元小学校長に2次試験問題案を渡した。その内容が同大卒業生を対象としたセミナーで配布されたらしい。
【毎日新聞】


 教員になるためには、教員免許状を持っているだけではだめで、公立学校の場合は、教員採用試験を通過して採用されなければいけません。

そんな中、大学の教育学部も、学校教員以外の進路にも対応できるよう、カリキュラムが変わってきたほどの状況でこの不祥事!!!

教育という立場に身を置く人たちなのにも関わらず、こんな状況で何を一体子供たちと育んでいくのだろうか?

かなり残念な出来事です。

さて、その採用試験の競争率だが、2007年前後の団塊の世代の定年退職による欠員増や、少人数学級の増加による教員不足もあり、ようやく、最近は、採用率も上向きになってきます。

 また、教員採用試験は、都道府県や政令指定都市別に行なわれるため、地域間による合格率の格差が大きくなってきますが、教員採用試験に受かりやすいのは、ベテラン教員が大量に定年退職して教員不足になる、東京や大阪、名古屋などの大都市です。

今後も状況の変動が見られそうです。

教員を目指す方は、常に情報の収集をしたいところです。

記事の続きはこちらです⇒
posted by blossommelon at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

福祉コンビニエンス登場?

資格ブームとも言われるほど多種多様な資格が出てきましたが、やはり高齢化の問題は大きいため福祉の資格取得者は年々増えるばかりです。

そこでこんなニュースを発見しました。

コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートは7日、社員や店長に介護関連の資格を取得させ、店舗を福祉サービス拠点として活用する構想を明らかにした。手始めに商品の宅配制度を導入。将来的には、配達先のお年寄りらの安否確認や世話をする“福祉コンビニ”の実現を目指す。
ヤフーニュース産経新聞


これからは、ただ単にコンビニエンスで物が手に入るといったことだけでは、どこのコンビニエンスストアも同様で、このアイディアはコンビに市場で先手を打ったといった感じでしょうか?

更に、進化するコンビニこの企画どのように発展していくか見ものですねー。

そして、福祉系の資格は、福祉施設に就職する以外の企業でも必要になってくるかもしれません。

やはりとっておいて損はないのでしょうね。

続きを読みたい方は、こちら⇒
posted by blossommelon at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

司法試験


 
日本3大難関国家試験のひとつといったら司法試験です。

その合格率は、たったの2〜3パーセント確かに合格したら価値がありますよね。

その司法試験ですが現在大きく変わりつつあるようです。


司法試験は、法科大学院の卒業者を対象とした新司法試験がスタートし、2011年までは、現行の司法試験と、新司法試験が並行して行われることになっています。

法曹人口の拡大を目的とした新司法試験が開始されたとしても、実際のところは、高い競争率が続くと見る傾向もあるようです。
 
現在は、移行期ですが、司法試験改革については、まだまだ多くの問題点が残されているのも事実です。
posted by blossommelon at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。